株式会社カクダイ Water comes alive with KAKUDAI
これだけは点検してください。
下記の症状の水栓金具は、まず、ゴミの除去を!
吐水量が少なくなった→全機種
設定どおりの湯が出なくなった→主にサーモスタットタイプ
水栓金具における故障・不具合の原因にごみづまりがあります。この多くは、金具の主要部分にごみが入らないようその手前に配したストレーナーにつまるものと、水はねしないよう吐水先端に配した吐水口キャップの網につまるものがあります。
機種により形状・構造など多少異なりますが、基本的なメンテナンス方法を説明致します。
回復しない場合は、各機種対応の部品で補修を行ってください。
吐水口キャップの網についたごみの除去
手順1元止水栓を閉めます※元止水栓は戸建なら敷地内に、マンションなどの集合住宅ならガスメーター近くにあります。壁付混合水栓で取付脚に止水栓がついているタイプは↓この止水栓で、台付混合水栓などはアングル止水栓でも止水できます。
※専用工具又は、マイナスドライバーなどでフタをはずし、ストレーナーを取りだします。
水洗いで十分ですが、しつこいゴミは、歯ブラシなどでとりのぞきましょう。
ストレーナーは金属で出来ていますが、落としたり、強い力を加えると変形、破損します。歯ブラシなどを使う際には十分ご注意ください。
破損した場合は、交換してください。ホームセンターなどでも入手できますが、その際には、混合水栓のメーカー、型番を調べてから行くと便利です。
吐水キャップに付いたゴミの除去はこちらへ
back to this page TOP

©KAKUDAI MFG. CO., LTD all rights reserved.